会社方針

私たちはお客様に対して「直(なお)き、諒(まこと)、多聞」であることを行動指針とし、ロジスティクス事業分野におけるプロフェッショナルなサポーターとして、お客様とともにロジスティクスの価値を創造して参ります。
わが国におけるプロフェッショナルなロジスティクス事業環境の場(ロジフィールド)を創造するリーディング・カンパニーを目指していきます。

会社概要

商号 株式会社 日本ロジスティクスフィールド総合研究所
(Japan Logistics Field Institute, Inc.)
設立 2009年9月
代表者 辻 俊昭
資本金 1000万円
組織/事業内容 総研事業部
リサーチ・コンサルティング事業/ロジスティクスメディア事業
ビジネスマッチング部
物流スペースマッチング事業/ CRE戦略コンサルティング事業
ビジネスサポート部
ロジスティクスサポート事業/ロジスティクスファイナンス事業
オフィス 〒103-0028
東京都中央区八重洲1-5-7 MBR97ビル6F(MAP
TEL:03-5255-7770 FAX:03-5255-7773
登録免許 宅地建物取引業/東京都知事(1)第93661号

事業ポリシー

■ロジスティクスフィールドの発展に向けて

わが国の物流革新は1990年代から胎動しはじめました。物流革新として、一つは企業が物流をコスト的削減や他社との差別化を図る戦略的手段としてマネジメントし始めたこと、企業に代わって複雑な物流過程を担う3PL事業が活発化してきたこと、さらには、サプライチェーンマネジメントによりITを介した在庫・流通管理の厳密化が進んだこと等があります。

今日、これまでも多くの人々の努力と熱意によって物流革新の進展してまいりましたが、ここに来て、環境問題対応、エネルギーの高騰、安心・安全ネットワーク等、新たに挑戦すべき課題も明確になってきました。

わが国がグローバルな中で経済的な位置づけを維持し、豊かな国民生活を実現させていたくためには、一層、物流革新を押し進めることが必要と考えております。

弊社が直接、ロジスティクスを行うことは考えておりません。私どもはロジスティクスプレーヤーが事業を行う上での最適な環境を提供することをミッションとして考えております。プレーヤーの活力と余力が無くして改革は進まないと考えております。社名のロジスティクスフィールドとはロジスティクスを専門にするという意味もありますが、それ以上に、ロジスティクスを行う上での最適な事業環境の場、つまりプレーヤーが活躍できるフィールドを提供したいという想いを込めております。

■ロジスティクスにおける価値創造の必要性

本来、革新の中心となるべく物流事業者の方々は、恒常的なコスト削減要請、燃料費高騰等の事業環境悪化等のため、十分な収益が上げられない場合が多く見受けられます。

革新の中心となるべき主体が、日々の収益にあえいでいたのでは革新のための活力や余力も生まれてきません。ロジスティクスは単に輸送や流通加工分野だけが事業ドメインではないと考えております。これら事業を基幹としながら、モノの流れに付随する様々な事業、例えば、ファイナンス、不動産、マーケティング、人材等もドメインとしていくべきと考えております。

ロジスティクスにおいて新たな価値創造し、ロジスティクスプレーヤーの高収益型企業への展開がわが国の物流革新を加速すると考えています。ロジスティクスを中心とした経済活動“ロジノミクス”を一つのキーワードとして、私どもは、ロジスティクスにおける価値創造を進めていきます。

■“総合研究所”による事業パートナーとして

1960年代より、わが国では民間企業による研究所が多数設立されて参りました。これまで幅広い社会・経済分析、経営コンサルティング等を通じて、これら研究所は幅広い分野を網羅する総合的なシンクタンクとして機能してきたと考えます。

これに対し私どもの総合研究所は、ロジスティクス分野に特化しております。そして、ここでの「総合」とは、お客様の価値創造をリサーチから実行支援まで、川上から川下まで網羅的に総合的にサポートしていくという意味を込めております。

また、研究所と言いますと、リサーチ・コンサルティングが中心と捉われがちですが、この総合研究所ではロジスティクスにおける価値を創造するために、事業環境分析等のリサーチ、戦略等のコンサルティング、需要に合わせて加工した情報発信等に加え、実行支援、さらには、リスクシェアまでを担っていく真の事業パートナーとして展開して参りたいと考えております。

■お客様のもとに、プロフェッショナルなサービスを

私どもの事業は、「プロフェッショナルな情報」をコアコンピタンスとしてお客様意にサービスを提供して参ります。

弊社の3つの事業として、総研事業、ビジネスマッチング事業、ビジネスサポート事業です。総研事業ではこれまで有する物流、物流不動産、ロジスティクスインフラに関するプロフェッショナルな情報をもとに、リサーチ、コンサルティングを行い、また、ニーズに合わせ加工した情報を発信していきます。ビジネスマッチング事業では、推薦できないものをマッチング遡上に載せることはありません。あくまでプロフェッショナルな目によってご推薦できるものをマッチングしてまいります。3つめのビジネスサポート事業ですが、本当にお客様が望んでいるサービスとはなにか、お客様に経済的な価値を提供する観点からサポートサービスを提供していきます。小さなサービスであっても疎かにするつもりはございません。

このように、総合研究所という名を有する弊社が故に、「プロフェッショナルな情報」をもとに、お客様の奥深く、多様なニーズに対してサービスを提供してまいります。

今後、これら3つの事業は、弊社の基盤事業となりますが、時代の要請とお客様の要望に応じて、需要の変化に合わせサービスも日々研鑽しイノベーションして参ります。

■皆様の信頼されるサポーター役として

今後、私どもはロジスティクスにかかわる事業者、荷主の方々、さらにはインフラを提供する方々との密なコミュニケーションを進め、ロジスティクスにおいて価値創造を図るお客様にとってのサポーターとしてご期待に沿って参りたいと考えております。

弊社は、お客様からの信頼されることの重要性を強く認識しております。「直き、諒、多聞」であること、そして、最後まで遂行し続けることをお客様に対するロジフィールドブランドと定義し、皆様に信頼されるサポーターとなって参りたいと考えております。

ページの先頭へ